茨城大学農学部様及びコマツ様から、新米を寄贈いただきました!

2020年11月18日



茨城大学農学部様及び株式会社 小松製作所(以下、コマツ)様から、農業用ブルドーザを用いた水稲栽培の共同研究で収穫された新米(合計約1,000kg)を、子ども食堂サポートセンターいばらきを通じて、県内7つの子ども食堂など子どもの居場所に寄贈いただきました!

子ども食堂サポートセンターいばらき以外にも、コロナ禍で困窮する学生対象の食料支援を実施している協同組合ネットいばらきにも寄贈いただきました。11月16日には、茨城大学阿見キャンパスにて贈呈式が開催されました。
 

茨城大学より、この研究で10月に収穫されたコシヒカリの新米を、子ども食堂などに寄贈いただけるというお話を子ども食堂サポートセンターいばらきにいただき、以下の7つの子ども食堂など子どもの居場所にマッチングさせていただきました。

子ども食堂サポートセンターいばらきとしては、食品ロスとなるようなこういった食品も含め、子ども食堂などへの食品寄贈のマッチングに今後も取り組んでいきたいと思います。

子ども食堂などに寄贈できそうな食品をお持ちの市民や団体の皆様、ぜひお気軽に子ども食堂サポートセンターいばらきにご連絡ください。
 

寄贈対象となった子どもの居場所と新米の数量




新米を寄贈された子ども食堂のメッセージ


Robeつくば学習会NPO法人 居場所サポートクラブロベ


古米はよく頂くのですが新米はあまりないので子供達も喜ぶと思います!ありがとうございます!


フレンズ(NPO法人 NPOプラザ・ねこねっと


大変助かります。ありがとうございます。美味しく頂きます。


竹園土曜ひろば

古米をいただくことがほとんどのため、新米のご寄付は本当にありがたいです。私たち「竹園土曜ひろば」はつくば市中心部竹園地区で開いており、参加者もボランティアも多彩、レクリエーションも食育にとどまらず多岐に渡る子ども食堂・地域食堂のため、試験米というのもとても魅力的です。本当にありがとうございます。

早速昨夜の竹園教室の夕食にも使用。
レトルト炊き込みごはんの素も活用しなければならなかったため白ごはんではなかったのですが、おいしかったです!
新米の寄贈は貴重なので、新米のうちにどんどん活用させていただきます。


辰海子供食堂


楽しみです…よろしくお願いします。


つくば子ども支援ネット

私たち「つくば子ども支援ネット」は、つくば市内の子ども食堂団体や無料学習支援団体を結んで、1団体では対応しきれない部分を補い、後方支援をしているネットワーク団体です。
また、各団体を通じての支援だけではなく、フードパントリー(食品等無料配布会)を独自に実施することによって、そこから各団体や支援者に繋げる活動もしています。
新米のうちに、必要とする子ども・子育て家庭・学生に食べてもらいます。
本当にありがとうございます。

12月13日(日)の子育て応援フードパントリーで希望世帯へ配布予定です。


坂東市生活学校こども食堂


コロナ禍のご支援に感謝いたします。


ami seed

阿見町で大学生も含め食料支援をしています。今、茨城大学農学部さん、医療大学の学生さんと困窮している家庭の子どもたち向けの無料塾もやってます。教えてくれる大学生には常に夕飯や食料支援しています。
11月14日、阿見町の中央公民館外で、カレーの無料配布を行います。
ぜひ、一緒にできたりPRさせて頂きたいと思います。
また、定期的に学生や困窮者方の為、炊き出しを決めております。
茨城県初の廃校を使った地域食堂も考えております。

コマツさま、茨城大学農学部さまのお米を使い、78食配布させて頂きました。
大学生、ひとり親さん、高齢者中心に配布させ頂きました。また、足の悪い高齢者の方に配達もさせて頂きました。
生活が困窮されてる方に、新たに繋がり町内の様子も分かりました。
ありがとうございました。


農業ブルドーザ用いた水稲生産の実証研究


茨城大学農学部の黒田久雄教授、浅木直美准教授と、コマツは、コマツが開発した農業ブルドーザの水稲栽培における有効性の検証等を目的とした共同研究を、今年度から実施されています。

この研究では、稲敷市内の圃場で栽培試験を実施しており、コマツ粟津工場、コマツ茨城工場、コマツ茨城株式会社(イバジュウ株式会社)も参画されているとのことです。
 
コマツが開発した農業用ブルドーザは、通常のブルドーザ機能に加え、農業用に販売されている装置を取り付けることにより、高精度の地ならしや耕起作業、種まき作業を行うことができます。

今回は特にブルドーザの特徴である整地能力を最大限活用し、水田の均平精度を高めることによる生産効果等の検証を目指しているとのことです。 


贈呈式


日 時
2020年11月16日(月)

場 所
茨城大学阿見キャンパス(稲敷郡阿見町中央3-21-1)

出席者
茨城大学 農学部 戸嶋 浩明 学部長、黒田 久雄 教授
株式会社小松製作所 林業機械事業部門 矢上 尚孝 氏
茨城工場 杉田 一彦 氏
子ども食堂サポートセンターいばらき 大野 覚 氏
NPOプラザ・ねこねっと 竹垣 雅代 氏
竹園土曜ひろば 副代表 山内 ゆかり 氏
つくば子ども支援ネット 事務局長 嵯峨井 勝 氏
協同組合ネットいばらき 鶴長 義二 氏、古山 均 氏


本件を取り扱った報道など


機械ニュース(2020年11月16日)「コマツと茨城大学、ブルドーザー用いた水稲生産の実証研究 、収穫した新米を子ども食堂や学生に寄贈」

茨城大学(2020年11月19日)「茨大農学部・コマツ共同研究で生産した米を県内団体に寄贈」

コマツ(2020年11月16日)「茨城大学・コマツ 農業ブルドーザー用いた水稲生産の実証研究 10月収穫の新米を子ども食堂や学生に寄贈」